講演会・イベント/グラムシを読む会

By staff on 2013/07/25 11:01
2013年6月22日(土)本郷交流館

テーマ:「知識人」・分業・国家-グラムシのいくつかの断片に即して
報告者:田近 武雄

1.はじめに
資本主義社会の帝国主義段階突入の前後以降、労働力再生産過程の資本への従属は、より深化していった。大量生産体制=フォードシステムの展開は、大衆消費社会への社会構造の転化を促し、その下での生産様式の「高度化」は<知識>の技術への接合的組込み=一体化の時代を現出させた。(これは、ポスト・フォーデイズムといわれる現代においてもその状況に変化はない。かえって接合の度合いはより大きくなっているといえよう。)

By staff on 2013/07/25 10:55
2013年3月23日(土)本郷交流館

テーマ:マルクス主義の危機(2)
報告者:小原 耕一

報 告
「マルクス主義の危機について」(続編)

前回は、主としてグラムシにとって「マルクス主義とは何であったのか」について大雑把に報告した。今回は、本題である「マルクス主義の危機」について、おもうところをかいつまんで述べてみたい。前回の報告とも重なるところがあるが、ご容赦ねがいたい。