講演会・イベント/グラムシを読む会

By staff on 2012/08/14 15:09
日  時: 2012年9月8日(土)午後2時~5時
会  場: 文京区本郷交流館 2階A室
東京メトロ東西線・本郷三丁目下車徒歩5分
電話:03-3815-4415
テーマ: グラムシの評議会-組合認識を現代日本にどう生かすか
報告者: 大石和雄(MR研運営委員)
概 要: 宮下氏の「グラムシ思想と労働運動の可能性」提起(本年2月例会)とそれをめぐる議論は、グラムシ思
想を今日の日本の労働運動の危機を突破するためにどう生かすのかという貴重なものであった。とりわけ 「企業内労組を温存させたままでの、横の連合だけでは前進しない」という重要な指摘があった。しかし、
その具体的な展開と議論はなかった。そこで氏が「おわりに」で述べた「階級論と変革主体形成論」「企
業・産別を超えた個人加盟制の労働組合づくりの課題」等について、グラムシの評議会‐組合認識を参照

しつつ、具体的試論を展開し、宮下氏の提起を発展させたい。
参考文献: 濱口桂一郎『日本の雇用と労働法』(日経文庫)、同『新しい労働社会―雇用システムの再構築』(岩波
新書)、水町勇一郎他『労働法の改革―参加による公正・効率社会の実現』(日経新聞社)