講演会・イベント/グラムシを読む会

By staff on 2012/02/26 14:44
日 時: 2012年2月25日(土)午後2時~5時
会 場: 文京区本郷交流館 2階B室
東京メトロ丸の内線・本郷三丁目下車徒歩5分
電話:03-3815-4415
報告者: 宮下武美(足立区労働組合総連合議長)
テーマ: 「グラムシの思想と労働運動の可能性」
概要: 現代日本の労働運動の再生をめざすものにとって、グラムシの思想と理論は有効であろうか。『獄中ノート』を、工場評議会運動の挫折の総括として読むことはできないか。
(1)労働者の「階級」形成は自明ではない。
(2)労働組合は資本主義的支配の一機構である。これに対して、グラムシの工場評議会運動は労働者権力の思想、これを現代に生かせるか。
(3)労働者の分断と競争のなかで資本の専制的支配への対抗をどう創るか。
(4)消費市場の拡大は、市民=労働者の資本への統合を不断に再生産する。
(5)戦後日本で、資本(政官財)の社会的ブロック形成はいかに進められたか。
(6)グラムシの『実践の転覆』とは何か。労働運動に生かせるか。

お問い合わせは下記へお願いします。

東京グラムシ会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷1-1-1 聖母美術院ビル202号
TEL:03-5684-3808 fax:03-5684-3809