東京グラムシ会設立の「よびかけ」

(1998年4月26日、東京グラムシ会設立総会、於.東京・九段、イタリア文化会館)

私たちは、20世紀の思想家アントニオ・グラムシに関心をもつ人びとの「自由な文化交流の場」となることをめざし、東京グラムシ会を設立することになりました。

アントニオ・グラムシがファシズム圧政下の牢獄から数々のメッセージを書き残して1937年4月27日この世を去ってから、すでに60年余の歳月が流れました。また、『獄中からの手紙』や『獄中ノート』が第2次世界戦争終結後まもなく公表されてから数えて半世紀が過ぎました。それにもかかわらずグラムシの生涯とその著作に鋳込まれた批判と創造の精神は、遙かな時空を越えて、20世紀の思想的鉱脈を形成し、私たちに今も語りかけてきます。

日本と世界の歴史と現実を見すえながら、新しい世紀にもまたがるグラムシ思想の知的有効性、同時代性に多面的な角度から光をあて、そこから多くのことを学びとるために、グラムシ思想に関心をもつ私たち一人一人が地道な研究努力を続けることがますます重要になっています。同時に、政治信条や世代や関心領域の違いを越えて、多元的かつ重厚的な共同の研究と意見交換、相互交流の場がどうしても必要であることを痛感します。

このため私たちは、東京グラムシ会を以下のような交流の場にしようと考えています。

  1. 定期的に会報を発行し、グラムシならびに現代の思想・文化動向に関連する内外の情報、研究の成果などを会員のみなさんにお届けします。
  2. 研究会や講座を組織し、研究発表や意見交換の場を設けます。
  3. 『獄中ノート』研究会を設置し、日本では未刊行の『獄中ノート』校訂版翻訳の全国的な準備に協力します。
  4. グラムシ関係のTV・映画などの鑑賞会をはじめ多彩な文化行事を計画組織します。
  5. 会の目的に添ったさまざまなアイディア、イニシアチブ、提案を歓迎し推進します。

以上の活動のなかの一つでも二つでも関心のある方は、是非とも、東京グラムシ会に入会し活動に参加してくださるよう心からよびかけます。

とりわけ、若い世代のみなさん、東京グラムシ会に入会し、新しい知的文化的出会いの機会とされるよう強くよびかけます。

1998年4月26日
東京グラムシ会設立総会

Antonio Gramsci

アントニオ・グラムシ
1891~1937