会報 LA CITTĀ FUTURA 2013

第59号 第59号

目次

☆グラムシ研究
グラムシ『獄中ノート』におけるクローチェ哲学との格闘と展開
松田 博
☆海外のマルクス主義研究関連資料
マルクス主義におけるレーニン『哲学ノート』の画期的意義と限界
ケヴィン・B・アンダーソン
☆随想
中国東北部、美しい緑の街
――長春滞在の一齣
黒沢惟昭


Table of Main Contents
☆Research of Gramscian thought
Arguments and development of Gramsci vis-à-vis
Croce's philosophical thought
Hiroshi Matsuda
☆Study about Western Marxism from abroard
Epoch-making significance and limits of
Lenin's philosophical Notebook 
Kevin Anderson
☆Essay
On my visits in Changchun, a northern-west
beautiful city in China
Nobuaki Kurosawa
 
第58号 第58号

目次

☆連載 第10回(最終回)
ノート19 イタリア・リソルジメント
§48~§58
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆社会主義形成におけるマルクスとグラムシ
――拙著『人間の疎外と教育-教育学体系論への前哨』に寄せて
黒沢惟昭
☆Book Review
松田 博 編訳『「知識人論ノート」注解』
知識人とヘゲモニー
小原耕一
 ☆随想
 『「グラムシ知識人論ノート」注解』のあとがきを読んで
伊藤 晃
Table of Main Contents
☆Series-10 (Final)
Notebook 19 Risorgimento italiano
§48~§58
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Marx and Gramsci in the formation of socialism
――For my work “Human Alienation and Education
 ―an outpost for the Systematical Theory of Education”
Nobuaki Kurosawa
☆BookReview
Annotation of the Notebook 12 on Intellectuals
by Hiroshi Matsuda 
Intellectuals and Hegemony
by Koichi Ohara
 ☆Essay
 Reading a postscript to the Annotation of 
Notebook 12 on Intellectuals
Akira Itoh
 
第57号 第57号

目次

☆連載 第9回 
ノート19 イタリア・リソルジメント
§30~§47
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆グラムシ獄中ノート《本邦初訳》
ノート29 文法研究入門のための覚書
§1~§9
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆グラムシ研究資料
ノート29に関する覚書:
グラムシにおける表現力とヘゲモニー(抄訳)
フランチェスコ・アクェチ
小原耕一・訳
Table of Main Contents
☆Series-9
Notebook 19 Risorgimento italiano
§30~§47
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Antonio Gramsci : Notebook 29
Notebook 19 Risorgimento italiano
Notebook 29
Notes for an introduction to the study of grammar
§1~§9
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Article for Gramsci Study
Expressivity and hegemony in Gramsci :
Notes on the Notebook 29 (abridged)
Francesco Aqueci
translated by Koichi Ohara
 

Antonio Gramsci

アントニオ・グラムシ
1891~1937