会報 LA CITTĀ FUTURA 2012

第56号 第56号

目次

☆《旅行記》
ギラルツァ「グラムシの家」を訪ねて
尾場瀬一郎
☆連載 第8回
ノート19 イタリア・リソルジメント
§27 穏健派と知識人
§28 イタリアのナショナルな運動の政治的・軍事的指導
§29 1848-49関連。ノヴァーラ
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆海外のグラムシ研究
ブハーリンとグラムシ:歴史に関する二つの見解(後編)
ボリス・フョードロビッチ・スラービン
Table of Main Contents
☆Essay
My trips to the “House of Gramsci” in Ghilarza
Ichiro Obase
☆Series-8
Notebook 19 Risorgimento italiano
§27 The moderates and intellectuals
§28 Politico-military leadership of the Italian national movement
§29 The question of 1848-49. Novara
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Monograph from abroard
Bukharin and Gramsci: Two opinions on the history (Part-2)
Boris Hyoudrovitch Slavin
 

第55号 第55号

目次

☆連載 第7回
ノート19 イタリア・リソルジメント
§25 リソルジメントにおける反ユダヤ主義
§26 リソルジメントとイタリアの国家的構造とにおける都市
         ――農村の関係
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆グラムシ研究資料
ボリシェヴィズムとジャコビニズム(1920年)
アルベール・マティエ
☆海外のグラムシ研究
グラムシ『獄中ノート』における
      サバルタンと検閲問題についての再検討(後編)
マーカス・E・グリーン
ブハーリンとグラムシ:歴史に関する二つの見解(前編)
ボリス・フョードロビッチ・スラービ
☆読書ノート
聽濤 弘著『マルクス主義と福祉国家』
松田 博
☆随想
グラムシとのめぐり会い
北村 実


Table of Main Contents
☆Series-7
Notebook 19 Risorgimento italiano
§25 Antisemitism in the Risorgimento
§26 The city-country relation in the Risorgimento and in the Italian national structure
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Historic material for the research of Gramscian theory
Bolshevism and Jacobinism (1920)
Albert Mathiez
☆Monographs from abroad
Rethinking the subaltern and the question of censorship in Gramsci’s Prison Notebooks (Part-2)
Marcus Green
Bukharin and Gramsci: Two opinions on the history (Part-1)
Boris Hyoudrovitch Slavin
☆Reading notes
 Hiroshi Kikunami, Marxism and Welfare State
Hiroshi Matsuda
 ☆Reminiscent reflections
 An encounter with Antonio Gramsci
Minoru Kitamura
 

第54号 第54号
目次
☆連載 第6回
ノート19 イタリア・リソルジメント §24
「イタリアの国民と近代国家の形成および
発展における政治指導の問題」〈後半〉
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆論壇
「グラムシ討論」のために
―鈴木富久氏の見解への疑問と質問
松田 博
☆海外のグラムシ研究
グラムシ『獄中ノート』におけるサバルタンと
検閲問題についての再検討(前編)
マーカス・E・グリーン/(訳)谷本純一
☆研究資料〈G・ルカーチ編〉
《書評》ブハーリン『社会学教程』の批判(1925年)
ジェルジ・ルカーチ

Table of Main Contents
☆Series-6
Notebook 19 Risorgimento italiano §24 (Part-2)
The problem of the political leadership in the
formation and development of the nation and
modern State in Italy
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Question at issue
For a further discussion on Gramsci
―Some doubts and interrogations about
the opinions of Mr. Tomihisa Suzuki―
Hiroshi Matsuda
☆Essay on Gramsci from abroard
Rethinking the subaltern and the question of censorship
in Gramsci’s Prison Notebooks (Part-1)
Marcus Green / translated by Jun-ichi Tanimoto
☆Materials for the research of Gramsci
Critique of the Manual of Sociology of Boukharine (1925)
Georg Lukàcs / translated by Koichi Ohara 

第53号 第53号

目次

☆研究随想
3・11とグラムシ
松田 博
☆連載 第5回
ノート19 イタリア・リソルジメント §24
「イタリアの国民と近代国家の形成および発展における政治指導の問題」〈前半〉
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆投稿
グラムシ教育論への前梯―仮説による試論
黒沢惟昭
☆研究資料〈ベネデット・クローチェ編〉
社会主義は死んだ(抄訳)
(1911年『ヴォーチェ』へのインタビュー)
判断としての党と偏見としての党(抄訳)
(1912年『文化とモラル生活』所収)
リメンターニ著
『社会的諸事実の予見』についての書評
(1907年『批判的対話集』第1シリーズ所収)


Table of Main Contents

☆Essay for study
March Eleven 2011 in Japan and Gramsci
Hiroshi Matsuda
☆Series-5
Notebook 19 Risorgimento italiano §24 (Part-1)
The problem of the political leadership in the formation and development of the nation and modern State in Italy
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Essay
The premises of Gramscian theory of education
Nobuaki Kurosawa
☆Materials for the research of Benedetto Croce

Socialism is dead
(Interview given to the Voce in 1911)
The Party as judgment and as prejudice
(The culture and moral life・ 1912)
Book review of Ludovico Limentani, The prevision
of the social facts (La Critica, 5, 1907)

 

Antonio Gramsci

アントニオ・グラムシ
1891~1937