会報 LA CITTĀ FUTURA 2011

第52号 第52号

目次

☆連載 第4回
ノート19 イタリア・リソルジメント§14~23
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆論壇
「断絶」説否定の論拠とペルティーニ「証言」―松田博氏の批判に応えて
鈴木富久
☆随想
『サバルタンノート』研究によせて
松田 博
☆海外論調
グラムシ思想における社会運動ならびに党の役割と今日の時代
グイード・リグォーリ
☆Book Review
西角純志著『移動する理論―ルカーチの思想』ルカーチの思想を再考する
山根 献
☆初期グラムシ研究資料
抑圧される者と抑圧する者(1910年11月)
グラムシ19歳の作文
トリノ工場評議会運動とジョルジュ・ソレル『オルディネ・ヌオーヴォ』
(1919年10月11日)


Table of Main Contents

☆Series-4
Notebook 19 Risorgimento italiano§14~23
Translated by Prison NotebooksResearch Group
☆The Point in dispute
The argument against the discontinuity and the “Witness of Pertini―In reply to the criticism made by Mr.Matsuda
By Tomihisa Suzuki
☆Essay
For the research of Subaltern Notebook
By Hiroshi Matsuda
☆Foreign Study
Social movements and the role of the party in the thought of Gramsci and today
By Guido Liguori
☆Book Review
Junji Nishikado, The mobile theory of the thought of Lukacs
By Ken Yamane
☆Materials for the research of A. Gramsci
Oppressed and oppressors ―A composition written
By Gramsci at the age of 19
Factory councils’movement in Turin and G. Sorel
―An editorial article published in l’Ordine Nuovo,11 Oct.1919
 

第51号 第51号

目次

☆連載 第3回
ノート19 イタリア・リソルジメント§6~13
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆エッセイ
山本作兵衛・炭鉱画世界記憶遺産に
黒沢惟昭
☆Book Review
A・ラブリオーラ著『社会主義と哲学』(小原耕一/渡部實訳)ラブリオーラへの心の窓
鈴木 正
A・グラムシ著/松田博編訳『グラムシ『獄中ノート』著作集』 Ⅶ「サバルタンノート」注解
藤岡寛己
黒沢惟昭著『生涯学習論の磁場―現代市民社会と教育学の構想』
丸山茂樹
鈴木富久著『アントニオ・グラムシ―「獄中ノート」と批判的社会学の生成』
高屋正一

Table of Main Contents

☆Series-3
Notebook 19 Risorgimento italiano§6~13
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Essay
“Sakubei Yamamoto and his collection depicting the conditions of coal mines approved for UNESCO’s Memory of the World heritage registration”
By Nobuaki Kurosawa
☆Book Review
Antonio Labriola, Socialism and Philosophy
By Tadashi Suzuki
Antonio Gramsci, On Subalterns,Volume VII of collected works,
translated and annotated by Hiroshi Matsuda
By Hiromi Fujioka
Nobuaki Kurosawa, On life long learning―Conceptions of Civil society and Pedagogy today
By Shigeki Maruyama
Tomihisa Suzuki, A.Gramsci―“Prison Notebooks” and the formation of a critical sociology
By Shoichi Takaya
 

第50号 第50号

目次

☆連載 第2回
ノート19 イタリア・リソルジメント
§5 リソルジメントの諸解釈
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆報告
市民社会を活性化する社会的企業
小塚尚男
☆Book Review
青柳宏幸著『マルクスの教育思想』自由時間を媒介とする「労働と教育の結合」
黒沢惟昭
鈴木富久著『グラムシ『獄中ノート』研究』 野心的な問題提起、鈴木富久氏のグラムシ研究三部作がそろう
宮下武美
☆《グラムシ生誕120年記念》
アントニオ・グラムシの思想と分子的革命
エレオノーラ・フォレンザ/(訳)小原耕一

Table of Main Contents

☆Series-2
Notebook 19 Risorgimento italiano
§5 Interpretations of Risorgimento
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Essay
Social enterprise movement animating civil society
By Hisao Kozuka
☆Book Review
Hiroyuki Aoyagi, Marx and his educational thought "Union of Labour and Education" through the time at leisure
By Nobuaki Kurosawa
Tomihisa Suzuki, A research on Gramsci's Prison Notebooks Author's highly motivated triple works devoted to the analysis of Prison Notebooks
By Takemi Miyashita
☆In commemoration of 120 years of his birth
The thought of A. Gramsci and our molecular revolution
By Eleonora Forenza / Translated by Koichi Ohara
 

第49号 第49号

目次

☆連載 第1回
ノート19 イタリア・リソルジメント
§1 リソルジメント研究の二つの流れ
§2 アドルフォ・オモデーオの『リソルジメントの時代』について
§3 リソルジメントの起源について
§4 文献目録
東京グラムシ会『獄中ノート』研究会訳
☆報告
グラムシのサバルタン論からアイヌ民族連帯を考える
本多正也
☆Book Review
ロナルド・マンク著『現代マルクス主義のフロンティア』
小原耕一

Table of Main Contents

☆Series-1
Notebook 19 Risorgimento italiano
§1 A double series of research
§2 The Time of the Risorgimento of Adolfo Omodeo
§3 The origins of the Risorgimento
§4 Bibliography
Translated by Prison Notebooks Research Group
☆Essay
Thinking of solidarity with Ainu Nationality from Gramscian viewpoint of subalterns
By Masaya Honda
☆Book Review
Ronaldo Munck, Marx@2000: Late Marxist Perspectives
By Koichi Ohara
 

Antonio Gramsci

アントニオ・グラムシ
1891~1937